株式会社アドバンス|札幌を中心とした北海道全域を網羅する美容ディーラー

あるレジ打ちの女性

2013.05.10

“あるレジ打ちの女性”

その女性は何をしても 続かない人でした。田舎から東京の大学に来て 部活やサークルに入るのは良いのですが、すぐイヤになって 次々と所属を変えていくような人だったのです。
そんな彼女にも、やがて就職の時期がきました。
最初、彼女はメーカー系の企業に就職します。ところが仕事が続きません。
勤め始めて3ヶ月もしないうちに上司と衝突し、あっという間に辞めてしまいました。
次に選んだ就職先は物流の会社です。
しかし入ってみて、自分が予想していた仕事とは違うという理由で、やはり半年ほどで辞めてしまいました。
次に入った会社は医療事務の仕事でした。
しかしそれも、“やはりこの仕事じゃない”と言って辞めてしまいました。そうしたことを繰り返しているうち、いつしか彼女の履歴書には、入社と退社の経歴がズラッと並ぶようになっていました。
すると、そういう履歴書の内容では、正社員に雇ってくれる会社がなくなってきます。
ついに彼女はどこへ行っても正社員として採用してもらえなくなりました。だからといって生活のためには働かないわけにはいきません。田舎の両親は早く帰って来いと言ってくれます。
しかし負け犬のようで帰りたくはありません。結局、彼女は派遣会社に登録しました。
ところが派遣も勤まりません。すぐに派遣先の社員とトラブルを起こし、イヤなことがあれば その仕事を辞めてしまうのです。彼女の履歴書には、辞めた派遣先のリストが長々と追加されていきました。

ある日のことです。
例によって“自分には合わない”などと言って派遣先を辞めてしまった彼女に、新しい仕事先の紹介が届きました。スーパーでレジを打つ仕事でした。当時のレジスターは今のように読み取りセンサーに商品をかざせば値段が入力できるレジスターではありません。値段をいちいちキーボードに打ち込まなくてはならず、多少はタイピングの訓練を必要とする仕事でした。ところが勤めて1週間もするうち、彼女はレジ打ちに飽きてきました。
ある程度 仕事に慣れてきて“私はこんな単純作業のためにいるのではない”と考え始めたのです。
とはいえ、今までさんざん転職を繰り返し、我慢の続かない自分が 彼女自身もイヤになっていきました。もっと頑張らなければ、もっと耐えなければダメということは本人にも 解かっていたのです。しかし どう頑張ってもなぜか続かないのです。 この時、彼女はとりあえず辞表だけ作ってみたものの、決心をつけかねていました。するとそこへ お母さんから電話がかかってきました。
「帰っておいでよ」受話器の向こうから お母さんの優しい声が聞こえてきました。これで迷いが吹っ切れました。
彼女はアパートを引き払ったら、その足で辞表を出し、田舎に戻るつもりで部屋を片付け始めたのです。長い東京生活で、荷物の量はかなりのものです。あれこれダンボールに詰めていると、机の引き出しの奥から1冊のノートが出てきました。
小さい頃に書き綴った大切な日記でした。
なくなって探していたものでした。パラパラとめくっているうち、彼女は“私はピアニストになりたい”と書かれているページを発見したのです。
そう、高校時代の夢です。“そうだ、あの頃、私はピアニストになりたくて練習を頑張っていたんだ・・・” 彼女は思い出しました。なぜかピアノの稽古だけは長く続いていたのです。
しかし、いつの間にかピアニストになる夢をあきらめていました。彼女は心から夢を追いかけていた自分を思い出し、日記を見つめたまま、本当に情けなくなりました。“あんなに希望に燃えていた自分が、今はどうだろうか。履歴書には辞めてきた会社がいくつも並ぶだけ、自分が悪いのは解かっているけど なんて情けないんだろう。そして私は、また今の仕事から逃げようとしている・・・”
そして彼女は日記を閉じ、泣きながらお母さんに こう電話したのです。
「お母さん、私 もう少しここで頑張る」 彼女は用意していた辞表を破り、翌日もあの単調なレジ打ちの仕事をするために、スーパーへ出勤していきました。ところが、“2,3日でいいから”と頑張っていた彼女に、ふとある考えが浮かびます。
“私は昔、ピアノの練習中に 何度も何度も弾き間違えたけど、繰り返し弾いてるうちに、どのキーがどこにあるか指が覚えていた。そうなったら鍵盤を見ずに楽譜を見るだけで弾けるようになった。”
彼女は昔を思い出し、心に決めたのです。
“そうだ。私は私流にレジ打ちを極めてみよう”と。
レジは商品毎に打つボタンがたくさんあります。彼女はまずそれらの配置をすべて頭に叩き込むことにしました。覚え込んだあとは打つ練習です。彼女はピアノを弾くような気持ちでレジ打ちを始めました。そして数日のうちに、ものすごいスピードでレジが打てるようになったのです。
すると不思議なことに、これまでレジのボタンだけ見ていた彼女が、今まで見もしなかったところへ目がいくようになったのです。
最初に目に映ったのは お客さんの様子でした。“あぁ あのお客さん、昨日も来ていたな”“ちょうどこの時間になったら子供連れで来るんだ”とか、いろいろなことが見えてくるようになったのです。それは彼女の密かな楽しみにもなりました。相変わらず指はピアニストのように、ボタンの上を飛び交います。そしていろいろなお客さんを見ているうちに、今度はお客さんの行動パターンやクセに気づいていくのです。“この人は安売りのものを中心に買う”とか“この人はいつも店が閉まる間際に来る”とか“この人は高いものしか買わない”とかが解かるのです。
そんなある日、いつも期限切れ間近の安い物ばかり買うおばあちゃんが、5000円もする お頭付きの立派な鯛をカゴに入れてレジへ持って来たのです。彼女はビックリして、思わずおばあちゃんに話かけました。「今日は何かいいことがあったんですか?」おばあちゃんは彼女ににっこりと顔を向けて言いました。
「孫がね、水泳の賞を取ったんだよ。今日はそのお祝いなんだよ。いいだろう、この鯛!」と話すのです。
「いいですね、おめでとうございます!!」
嬉しくなった彼女の口から、自然に祝福の言葉が飛びだしました。
お客さんとコミュニケーションをとることが楽しくなったのは、これがきっかけでした。
いつしか彼女はレジに来るお客さんの顔をすっかり覚えてしまい、名前まで一致するようになりました。
「○○さん、今日はこのチョコレートですか。でも今日はあちらにもっと安いチョコレートが出てますよ」
「今日はマグロよりカツオのほうがいいわよ」などと言ってあげるようになったのです。レジに並んだお客さんも応えます。
「いいこと言ってくれたわ、今から換えてくるわ」そう言ってコミュニケーションをとり始めたのです。彼女は、だんだんこの仕事が楽しくなってきました。そんなある日のことでした。“今日はすごく忙しい”と思いながら、彼女はいつものようにお客さんと会話を楽しみつつレジを打っていました。すると店内放送が響きました。『本日は大変込み合いまして大変申し訳ありません。どうぞ空いているレジにお回り下さい』そして3回目。
同じ放送が聞こえてきた時に、初めて彼女はおかしいと気づき、周りを見渡して驚きました。
どうしたことか5つのレジが全部空いているのに、お客さんは自分のレジにしか並んでいなかったのです。店長が慌てて駆け寄ってきます。そしてお客さんに「どうぞ空いてるレジへお回り下さい」と言った、その時です。お客さんは 店長に言いました。
「放っておいてちょうだい!!私はここに買い物にきてるんじゃない、あの人としゃべりに来てるんだ。だからこのレジじゃないとイヤなんだ!」
その瞬間、レジ打ちの女性はワッと泣き崩れました。
お客さんが店長に言いました。「そうそう!私達はこの人と話をするのが楽しみで来てるんだ。今日の特売は他のスーパーでもやってるよ。だけど私は、このおねえさんと話をするためにここへ来ているんだ。だからこのレジに並ばせておくれよ!」
彼女はポロポロと泣き崩れたまま、レジを打つことができませんでした。

仕事というのはこれほど素晴らしいものなのだと初めて気づきました。
すでに彼女は昔の自分ではなくなっていたのです。それから、彼女はレジの主任になって、新人教育に携わりました。彼女から教えられたスタッフは、仕事の素晴らしさを考じながら、お客さんと楽しく会話していることでしょう。

出典元 (木下 晴弘 著 涙の数だけ大きくなれる! フォレスト出版)

上に戻る